都民「遊びにおいでよ」田舎民「またかよ💢」問題を考え続けて思ったこと

どういう性質の都民かによってこれは変わるだろうなあと。
あくまでぼくの立場ですっきりするよう考えてみたのでまとめた。

で、もしぼくが実家都民勢だったら「東京に引っ越ししようよ!」は逆に言えないし「遊びにおいでよ!」を相手に不満を感じさせないように言うとなると…
よく他県に遊びに行くなり宿の確保・いくらか援助するなりそういう方向性の行動力が必要になってそれは苦手だし大変だなあと思った。

以下、後直接関係ないけど都内・田舎関連で浮かんだこと。

E-M1のISO LOW (ISO 100)とISO 200の比較

E-M1のISO LOWは拡張感度であり、ISOオートの下限設定も200。
ISOオートで使っていると、シャッタースピード1/8000秒で間に合わないようなことでもない限りISO LOWが設定されることはありません。
ただ、ISO LOWのほうが綺麗じゃないかという情報を目にしてしまったのがきっかけでこんなテストを。
(実際にISO LOWを使用し始めたのはもう少し前ですが…)

ISO LOW
まず、ISO LOWとISO 200で適当な露出で撮ってみます。

ISO LOW まず適当に撮影
ISO LOW まず適当に撮影

ISO 200 まず適当に撮影
ISO 200 まず適当に撮影

ISO LOWはISO 200と比べてハイライト領域が飛んでます。
その代わりシャドー領域がより綺麗です。

念のため、Lightroomでそれぞれ1段露出を下げてみました。
こんな感じです。

ISO LOW まず適当に撮影 Lightroomで露出-1
ISO LOW まず適当に撮影 Lightroomで露出-1
ISO 200 まず適当に撮影 Lightroomで露出-1
ISO 200 まず適当に撮影 Lightroomで露出-1

ISO LOWのハイライト領域サヨナラ具合がよくわかりました。

今度はISO LOWとISO 200でそれぞれシャッタースピードを1段速くして撮影しました。

ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影
ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影
ISO 200 シャッタースピードを1段速くして撮影
ISO 200 シャッタースピードを1段速くして撮影

ハイライト領域の写りがかなり近くなりました。
(この写真で飛んでしまっている部分は目で見てもこれぐらい強く反射しています。)
シャドー領域もより綺麗です。
ISO LOWの白飛びのしやすさも問題なく、この明るさで撮りたい場合はシャドー領域が綺麗になるISO LOWを使用したほうがよさそうです。

ISO LOWは白飛びしやすいという癖がありますがその点が問題にならず、十分なシャッタースピードがISO LOWで得られないという問題も無ければ積極的に使用すべきだということがわかりました。
例えば今回は室内で三脚使用し静物を相手に撮影という条件のため、このような反射が強い被写体でなければISO LOWを使用する意味が十分にあると考えられます。

あとはおまけです。

ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影 Lightroomで露出+1
ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影 Lightroomで露出+1

ISO 200 まず適当に撮影
ISO 200 まず適当に撮影

この2枚はかなり近い印象になるようです。

もう1組おまけ。

ISO LOW まず適当に撮影
ISO LOW まず適当に撮影

ISO 200 シャッタースピードを1段遅くして撮影 Lightroomで露出-1
ISO 200 シャッタースピードを1段遅くして撮影 Lightroomで露出-1

こちらも同様に近い印象になるようです。。

クレジットカードのセキュリティコード

ネットショッピングでよく入力するあれ!
あれがあってないと決済できないのかと思ったらそうでもないらしい。
間違った方選択してても大丈夫なようにって毎回セキュリティコード入れないといけないようにしてたのに…
2枚使い分けしてるんだけども間違ったほうで支払っちゃうトラブルが発生。
なぜ決済ができてしまったのかというと…
住所がクレジットカードの情報と一致していたかららしい。(送り先か請求先のどちらかきちんと覚えてないけども)
あくまでも不正使用を防止するためだけのものだと考えないといけなかったんだなあ。

Macの初期設定でBluetoothを経由して音楽を聴いてみたら音がわるかった

Macの初期設定でBluetoothを経由して音楽を聴いてみたらやたら音がわるくてびっくりしたよ!
というわけでもう解決してるんだけども。

解決策はこちら。
【コラム】新・OS X ハッキング! (63) Bluetoothスピーカーの音質改善策、その意外な結末 | パソコン | マイナビニュース

初期設定だとかなり控えめのビットレートなみたいで。
レシーバの接続切ってちょいちょいっとターミナルにコピペして設定するだけで完了。
GUIで設定できるようにはなってないのかなー…。

佐川急便の「e-コレクト」…じゃあ現金以外の支払い方法でも… え? 現金のみ?

e-コレクトは現金以外に電子マネーとかクレジットカードとか使える…はずだった
代引きでもe-コレクトなら電子マネーとかクレジットカードとか使えるんじゃないのって思ってネットショップの支払い方法を確認してみると

  • 佐川急便のe-コレクト
  • 支払いは現金で

と書いてあった
e-コレクトなのに現金だけなのが不思議でネットショップと佐川急便に問い合わせてみた

ネットショップの回答は

当店は現金のみです(意訳)だった

佐川急便の回答は

代引きの料金から手数料を取ることになる(ショップの利益が減る)
ショップが現金のみという指定をすることができる
ショップの指定が優先されるとのことだった

2013-01-12時点で僕の住んでる地域を担当してる佐川の回答だから時期とか地域によって違うかもしれないけど参考程度にメモ

Win8のメールアプリでメールをダウンロードするタイミングを「アイテムの受信時」に設定できなくて困った話

iPhoneでいう「プッシュ」が「アイテムの受信時」なんだけども即通知されるのはやっぱりいいなーと思いながら設定を進めていったら
あるアカウントが「手動」とか「15 分毎」とかしか選べなくて困った。
追加しなおしてみても駄目で困った困った。
もしかして…と思っていくつかアカウントを削除した後追加しなおしてみたら「アイテムの受信時」で設定された。
いじってみたらどうも「アイテムの受信時」に設定できるアカウントは3つまでのよう。
削除しなくても先に「アイテムの受信時」に設定しているアカウントの設定を「手動」や「15 分毎」に設定すると設定できるようになった。
iPhoneとかiPadとかでそんな制限ぶつかったことないんだけどなあ…。