E-M1のISO LOW (ISO 100)とISO 200の比較

E-M1のISO LOWは拡張感度であり、ISOオートの下限設定も200。
ISOオートで使っていると、シャッタースピード1/8000秒で間に合わないようなことでもない限りISO LOWが設定されることはありません。
ただ、ISO LOWのほうが綺麗じゃないかという情報を目にしてしまったのがきっかけでこんなテストを。
(実際にISO LOWを使用し始めたのはもう少し前ですが…)

ISO LOW
まず、ISO LOWとISO 200で適当な露出で撮ってみます。

ISO LOW まず適当に撮影
ISO LOW まず適当に撮影

ISO 200 まず適当に撮影
ISO 200 まず適当に撮影

ISO LOWはISO 200と比べてハイライト領域が飛んでます。
その代わりシャドー領域がより綺麗です。

念のため、Lightroomでそれぞれ1段露出を下げてみました。
こんな感じです。

ISO LOW まず適当に撮影 Lightroomで露出-1
ISO LOW まず適当に撮影 Lightroomで露出-1
ISO 200 まず適当に撮影 Lightroomで露出-1
ISO 200 まず適当に撮影 Lightroomで露出-1

ISO LOWのハイライト領域サヨナラ具合がよくわかりました。

今度はISO LOWとISO 200でそれぞれシャッタースピードを1段速くして撮影しました。

ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影
ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影
ISO 200 シャッタースピードを1段速くして撮影
ISO 200 シャッタースピードを1段速くして撮影

ハイライト領域の写りがかなり近くなりました。
(この写真で飛んでしまっている部分は目で見てもこれぐらい強く反射しています。)
シャドー領域もより綺麗です。
ISO LOWの白飛びのしやすさも問題なく、この明るさで撮りたい場合はシャドー領域が綺麗になるISO LOWを使用したほうがよさそうです。

ISO LOWは白飛びしやすいという癖がありますがその点が問題にならず、十分なシャッタースピードがISO LOWで得られないという問題も無ければ積極的に使用すべきだということがわかりました。
例えば今回は室内で三脚使用し静物を相手に撮影という条件のため、このような反射が強い被写体でなければISO LOWを使用する意味が十分にあると考えられます。

あとはおまけです。

ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影 Lightroomで露出+1
ISO LOW シャッタースピードを1段速くして撮影 Lightroomで露出+1

ISO 200 まず適当に撮影
ISO 200 まず適当に撮影

この2枚はかなり近い印象になるようです。

もう1組おまけ。

ISO LOW まず適当に撮影
ISO LOW まず適当に撮影

ISO 200 シャッタースピードを1段遅くして撮影 Lightroomで露出-1
ISO 200 シャッタースピードを1段遅くして撮影 Lightroomで露出-1

こちらも同様に近い印象になるようです。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です