Inateck FD1003 USB 3.0 HDD Docking Station

外観ギャラリー

説明書を見ずとも使えるくらいです。
ACアダプタをコンセントに挿し本体に接続。
USBケーブルをPCに接続。
SSDやHDDを上から差し込む。
正面の大きな電源ボタンを押す。
これでセットアップが完了。

切断・取り外しするときはいつものWindowsの操作で「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」を実行。
FD1003の電源ボタンを押し電源を切る。
ディスクを取り出すときは上に飛び出しているイジェクトボタンを押します。
ただ今回試した2.5インチSSDのような軽量なディスクの場合イジェクトボタンを使用するとディスクが跳ねてしまいます。
このようなときは手でしっかりディスクを支えながら押す。
また、取り外しが容易な硬さであれば手動で取り出したほうがいいかもしれません。

CrystalDiskInfoとCrystalDiskMark

inateck

高速に転送可能なUASPで接続されていることが確認できます。

inateck2

十分高速と言える速度が出ています。
実際大容量のファイルを転送してみても非常に快適です。

USB3.0による接続やUASP対応などといったスペック以外にも使用上ここがいいなと感じたところがいくつかあります。
PCの周辺機器を使っていて気になるのがLEDが眩しすぎて目にきついことです。
この機器はそういったことがなく写真の通り通常時はぼんやりした非常に優しい光です。
書き込み時に明るくなり点滅しますがその時でも眩しさは感じられずとても適度な明るさです。
電源ボタンのアクセスのしやすさや押しやすさもいいと感じました。